(出典 www.nikkansports.com)



1 豆次郎 ★ :2020/09/28(月) 02:37:39.97

現地27日の「全仏オープン」(フランス・パリ/9月27日~10月11日/クレーコート)大会初日。男子シングルス1回戦で、世界35位の錦織圭(日本/日清食品)が、第32シードのダニエル・エバンズ(イギリス)と対戦。錦織が1-6、6-1、7-6(3)、1-6、6-4でフルセットの末勝利し、約1年ぶりのグランドスラム復帰戦を勝利で飾った。また「全仏オープン」で6年連続の初戦突破となった。試合時間は3時間49分。


昨年6月の「全仏オープン」4回戦以来の第5セットを戦うことになった錦織。その錦織のサービスゲームからスタート。

錦織は第1ゲームをキープし悪い流れを断ち切ると、第2ゲームで0-40の大チャンスに。1本しのがれたが、ネット際の攻防を制してブレークに成功する。

第3ゲームでは簡単なチャンスボールをイージーミスし、ブレークバックのピンチに陥るが、落ち着いてドロップショットを決めてキープ。だが、第5ゲームで今度は0-40の大ピンチに。じっくりロングラリーをしたものの、しのぐことができずブレークバックを喫する。

更に第7ゲームでもショットがロングとなりピンチに。ここは相手のリターンミスに助けられて、なんとかしのぐ。第8ゲームではエバンズにラブゲームでキープされるが、第9ゲームで錦織もこの日初めてサービスエースを決めて、負けじとラブゲームでキープする。

そして第10ゲームでマッチポイントとなるブレークポイントを握ると、これを取り切り、1年ぶりのグランドスラム復帰戦を勝利で飾った。また第5セットまでもつれた試合では、通算で24勝6敗となった。

勝利した錦織は2回戦で、世界73位のステファノ・トラバグリア(イタリア)と対戦する。トラバグリアは、世界50位のパブロ・アンドゥハル(スペイン)を破っての勝ち上がり。

(テニスデイリー編集部)

https://www.thetennisdaily.jp/news/amp/grandslam/french/20200927_0042083.php

(出典 image.thetennisdaily.jp)





5 名無しさん@恐縮です :2020/09/28(月) 02:47:35.31

もう誰も応援してなくない?
期待できないもんな


6 名無しさん@恐縮です :2020/09/28(月) 02:50:41.98

>>5
そもそもテニスで日本人男子に期待するのが無理ある話だぞ
階級制もない個人競技だからな


7 名無しさん@恐縮です :2020/09/28(月) 02:51:30.59

錦織ってなんでイマイチ人気者にならないんだろ
ファンもアンチもあまりいないし


9 名無しさん@恐縮です :2020/09/28(月) 02:54:33.40

>>7
いや昔はいただろ
あんまり勝ち進めなくなったしもう流石に大きな夢を抱けなくなったから注目度下がっただけ
良くも悪くも目立つお騒がせなおみもいるしな