(出典 asagei.biz)



1 ひよこ ★ [ZA] :2020/10/17(土) 21:52:10.34

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/10/17/kiji/20201017s00041000396000c.html
[ 2020年10月17日 20:12 ]



(出典 www.sponichi.co.jp)

田中みな実
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの田中みな実(33)が17日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「田中みな実 あったかタイム」(土曜後6・30)で、ダイエット経験について明かした。

 この日のゲスト、作家の羽田圭介氏(34)が昨年、ある物を食べ続けて痩せた話からダイエットの話題へ。田中は学生時代にダイエットの経験があるという。
 
 「中学2年生の頃かな?周りがみんなダイエットと言い始めていて、お弁当も小っちゃいお弁当箱で持ってくる子がすごく増えたんです。私も例にもれず、何だかダイエットをしてみたい!というね…」と動機を明かした田中。
 
 もともと、田中のお弁当箱は大きめで、日々のお弁当のおおよそのカロリーを母親に聞いたところ、「700キロカロリーぐらいじゃないか?」と言われたことに衝撃を受け、決意をしたという。

 「痩せたいというよりかは、みんながしているから私も!という気持ちになって、アイスクリームダイエットというのをして」と田中。「あるときから母に、お弁当もご飯も要らないって言って。アイスクリームをいっぱい買ってきて、朝はアイスを食べ、お昼はカロリーが表示されている菓子パンを1個だけ買って。1日800キロカロリーぐらいに抑えていたんです」と打ち明けた。
 
 「そうしたら肌が荒れて、集中力もなくなって、イライラするようにもなって。やっぱりバランスの取れた食生活って、すごい大事なんだなと気付いたんだけど」と話し、「大人になった今も、成長しきったからこそ、食生活とか生活習慣とかでいかようにもなるわけです。寿命を縮めることも延ばすこともできるかもしれない」と熱弁を振るった。

 不健康な痩せ方を経験して、今では食生活を見直したという羽田氏。この日も空腹を感じた時に食べる大豆の水煮パックを持参していると明*と、すかさず田中は「じゃあ私なんて、サツマイモ持っているし…」と、蒸したサツマイモを取り出し、羽田氏へ対抗心を燃やしていた。